目の健康に欠かせないのが「アントシアニン」です。

目の疲れを緩和したり、視力回復、老眼の予防など、様々な効果が期待されています。

アントシアニンというとブルーベリーがイメージされますが、ブルーベリー以外にも多くの食べ物にアントシアニンが含まれています。

ここでは、アントシアニンを多く含む食べ物をまとめ、含有量を調べてみました。

眼精疲労で困っているという方の参考になれば嬉しいです。

※アントシアニンを毎日継続して摂取するには、食べ物からだけでなく、サプリメントを利用するのがコツです。

アントシアニンを豊富に含むサプリメントランキングはこちら

アントシアニンを含む野菜

シソ

シソは中国、ミャンマー、ヒマラヤ地方を原産地とするシソ科シソ属の植物です。シソというと青い葉をイメージしますが、本来シソは赤紫蘇のことをいいます。

アントシアニンが含まれているのも赤紫蘇です。

新鮮なシソの葉のアントシアニン色素量は100gあたり約420㎎です。

シソの葉に含まれるアントシアニンは12種類と比較的種類が豊富です。

赤キャベツ

赤キャベツは16世紀頃に通常のキャベツから変異してできた品種と考えられています。

紫色の葉は光合成をおこなっていて、普通のキャベツより小ぶりです。

赤キャベツに含まれるアントシアニンは11種類ほどあると言われています。

ナス

食卓でおなじみのナスには、果皮部にアントシアニンが含まれています。品種によってアントシアニンの含有量は差がありますが、一般的な長ナスで生100gあたり30㎎程度のアントシアニンが含まれています。

ナスの果皮には4種類のアントシアニンが含まれていますが、その中で約9割を占めるのが「ナスニン」というアントシアニンです。

赤ダイコン

赤大根は地中海から中央アジアが原産地です。古代エジプトでも食されていた記録があるという歴史のある食べ物です。

アントシアニンを含む大根の品種には「レッドチャイム」「レッドキング」「コメット」などがあります。

赤カブ

赤カブの原産地は地中海沿岸から中近東あたりです。カブは皮部も果肉も白い「白カブ」が主流ですが、皮部が紫色のシアニジン系のものや、紅色のペラルゴニジン系のものがあり、これらにアントシアニンが含まれています。

赤タマネギ

タマネギは今ではおなじみの食材ですが、日本に入ってきたのは江戸時代で、本格的に栽培されるようになったのは明治になってからという、比較的新しい野菜です。

赤タマネギの皮部にアントシアニンが含まれています。赤タマネギのアントシアニンは約7種類あります。

紫ニンジン

人参といえばオレンジ色ですが、もっと色の濃い「紫ニンジン」にはアントシアニンが含まれています。

紫ニンジンの色素はヨーロッパではジュースなどの多くの加工食品に利用されています。

日本でもパープルキャロット色素として一般飲食物添加物として認められていて、野菜ジュースなどに使われています。

アントシアニンを含む果実

ブドウ

ブドウはアジア原産のヨーロッパ種と、北アメリカ原産のアメリカ種に大別されます。ワイン用の品種はヨーロッパ種がほとんどです。

赤い果皮のブドウにはアントシアニンが含まれていて、これを利用して赤ワインが作られています。

ブドウには多種類のアントシアニンが含まれています。

シアニジン、ペオニジン、デルフィニジン、ペチュニジン、マルビジンなどなど。

ワイン用ブドウにはアントシアニンが1リットルあたり、約500~1,000㎎含まれています。

醸造中にアルコール発酵することで、アントシアニンがワインの中に抽出されていきます。

イチゴ

イチゴはビタミンCが100g中62㎎と豊富に含まれていることで有名な食べ物ですが、アントシアニンも含まれています。

果皮と果肉が白や薄いピンクの品種にはアントシアニンはあまり含まれていません。

ブルーベリー

ビタミンとミネラルが豊富なベリー類は、世界各地にさまざまな品種があります。ベリー類の果実の赤や紫の色はアントシアニンによるものです。

ベリー類はアントシアニン含有量が多く、天然の着色料としてだけではなく、機能性に注目した研究が進められています。

ベリー類の中でもおなじみなのがブルーベリーですね。

ブルーベリーは15種類のアントシアニンを含んでいて、可食部100gあたり約200~400㎎のアントシアニンを含んでいます。

ビルベリー

ブルーベリー以上にアントシアニンの含有量が多いということで、一躍人気になったのがビルベリーです。

ビルベリーはツツジ科のスノキ属の半落葉低木樹で、ヨーロッパに自生する野生種です。

ブルーベリーは栽培種なんですね。

ビルベリーも約15種類のアントシアニンを含み、果実100gあたり1,000㎎のアントシアニンを含んでいます。

ブルーベリーの約3倍のアントシアニンを含むと言われます。

高濃度のアントシアニンを含むビルベリーは機能性食品としても大注目の素材です。

レッドカラント

酸味が強く、ジャムやジュースに利用されるレッドカラントにもシアニジン系のアントシアニンが含まれています。

ブラックカラント(カシス)

カシスはニュージーランドやカナダなど比較的涼しい地域に自生しています。リキュールの原料として有名ですね。

ジャムや製菓材料としても利用されていて、可食部100g中にビタミンCを約200㎎と豊富に含んでいます。

黒紫色の成熟果実中にはアントシアニンが100gあたり約200㎎含まれています。

カシスの視機能改善作用については研究が進んでいて、眼精疲労の改善だけでなく、毛様体筋の調整麻痺(一時的な近視状態)を抑制する作用があるのではないかと言われています。

ブラックベリー

北アメリカ原産のブラックベリーはバラ科イチゴ属の果実です。ビタミンCを豊富に含んでいます。

酸味が強いので、そのまま食されることはありません。ジャムやソースなどで利用されます。

ブラックベリーにはシアニジン系のアントシアニンが含まれています。

ラズベリー

ヨーロッパや北アメリカ原産の木苺として知られる果実です。甘味と酸味のバランスが絶妙な果実です。

生食でも利用されますし、ジャムにも使われますね。

赤ラズベリー100g中には約40~50㎎のアントシアニンを含んでいます。

ハスカップ

日本では北海道で生産されているハスカップ。原産地はアジア北東部の冷涼な気候の土地です。

独特の酸味があり、生食としてはあまり利用されません。

シアニジン系のアントシアニンを含んでいます。

ハスカップ抽出液には高脂血症や糖尿病など、脂質や糖質の代謝異常を改善する働きがあることが報告されています。

プルーン

水溶性食物繊維が豊富なことで知られるプルーンですが、シアニジン系のアントシアニンを含んでいて、果汁1リットルに約43~168㎎含まれているようです。

生で食べることもありますが、多くはドライフルーツにされています。

リンゴ

リンゴは原産地は中央アジアで、江戸時代に日本に入ってきました。本格的な栽培がおこなわれるようになったのは明治時代以降です。

現在、日本では年間約65万トンが生産され、温州みかんに次ぐ消費量の多い果物です。

リンゴの果皮にシアニジン系のアントシアニンが含まれています。

アサイー

スーパーフードとしてちょっと前にブームになったアサイーはブラジルのアマゾン原産のヤシ科の植物です。

果実はブルーベリーに似ていますが、ベリー類ではありません。

アサイーには鉄、カルシウム、カリウムなどのミネラルの他、多くの脂肪酸や食物繊維が含まれていいます。

抗酸化力が高く、がん細胞増殖を抑制する効果があるのではないかということで、近年注目されている素材です。

アサイーは乾燥重量100gあたり約320㎎のアントシアニンを含んでいます。

アントシアニンを含むイモ類

紫イモ

サツマイモはメキシコからペルーあたりの中央アメリカが原産です。1600年頃に中国から琉球を経由して薩摩に入ってきたため、サツマイモと呼ばれているようです。

サツマイモの品種は世界に数千品種存在すると言われています。

鹿児島県の「種子島紫」や「山川紫」、沖縄県の「ナカムラサキ」などの紫イモにはアントシアニンが含まれています。

紫イモには19種類以上のアントシアニンが含まれていると言われています。

品種によってアントシアニンの含有量は異なりますが、例えば「アヤムラサキ」という品種では100g中に約370㎎のアントシアニンが含まれています。

紫ヤムイモ

ヤムイモは西アフリカ原産で、熱帯から亜熱帯地域で広く栽培されています。

日本では沖縄県で広く栽培されています。

ヤムイモは粘り気が強いのですが、この粘り成分は多糖類のガラクタンやマンナンなどが、タンパク質と結合したムチンです。

胃の粘膜を保護したり、肝臓や腎臓の働きを高める、細胞の増殖機能を促進するなどの作用があるようです。

そのため、便秘解消、高血圧の改善に有効と言われています。

アントシアニンを含む豆類

小豆

小豆は東アジア原産で、日本でも自生しています。

小豆の品種は大粒種の大納言(丹波、ほくと、備中など)、普通種、中納言があります。

小豆にも微量ですがアントシアニンが含まれています。

乾燥種子で100gあたり0.2~0.3㎎程度と言われます。

黒大豆

大豆はマメ科一年草で原産地は中国です。

日本では縄文時代には食されていたと考えられる歴史の長い食べ物です。

大豆は「畑の肉」と呼ばれるほどタンパク質が豊富で、他の豆類と違い、デンプンをほとんど含んでいません。

黒大豆は大豆の変種で、おせち料理の「黒豆」に使われます。

黒豆を煮るときに、鉄くぎを入れるとよいと言われるのは、黒大豆のアントシアニンが鉄イオンと錯体を作り、色素を安定させるからです。

黒大豆の乾燥種子には100gあたり450㎎程度の豊富なアントシアニンが含まれています。

アントシアニンの摂取量・摂取方法

一般に、目の疲労回復に必要なアントシアニンの摂取量は40mg以上が推奨されています。アントシアニンは毎日継続して摂取することで、眼精疲労の回復、老眼の防止など目の健康をサポートしてくれます。

毎日継続的に摂取するには、サプリメントが便利です。

アントシアニンを豊富に含むサプリメントランキングはこちら

アントシアニンの効果

アントシアニンは目に対する効果が有名ですが、実は目への効果以外にも多くの有用な効果があります。

アントシアニンの眼に対する効果

アントシアニンは「見る」働きをコントロールする物質であるロドプシンの再合成を促して眼精疲労や視力を回復したり、強い抗酸化作用で白内障・緑内障などの眼病を予防する効果があると考えられます。

  • 視界のぼやけや目のかすみを改善
  • 夜間や暗い場所での視覚機能を向上
  • 長時間のPCやスマホ使用での眼精疲労回復

アントシアニンのメタボ予防効果

メタボリックシンドローム(メタボ)とは、肝臓などの内臓に脂肪が蓄積し、高血糖・高血圧・動脈硬化・糖尿病などの生活習慣病につながりやすい状態です。

暴飲暴食・運動不足といった生活習慣の乱れや、加齢による新陳代謝の低下によってメタボ状態になりやすいです。

アントシアニンには、メタボを引き起こす内臓脂肪の蓄積を防ぐ効果があります。

血中の脂肪を減らし、血糖値の上昇を抑えてメタボを予防する効果が期待できます。

アントシアニンのアレルギー緩和効果

アントシアニンはアレルギー症状を引き起こす原因物質と言われるヒスタミンを減少させる働きを持っています。

アントシアニンのヒスタミン抑制効果は非常に強く、さまざまな実験によって証明されています。

ある実験では、花粉症にかかりやすい状態になった2匹のマウスにそれぞれアントシアニン入りのエサと通常のエサを与えたところ、アントシアニン入りのエサを食べたマウスはヒスタミン量が60%も減少していたという報告があります。

アントシアニンの老化防止効果

身体の老化には、活性酸素が大きく影響しています。

活性酸素とは、体内に侵入したウイルス・雑菌などを排除するために白血球から放出されるものですが、増えすぎると健康な細胞を破壊してしまいます。細胞を錆びつかせるのです。

アントシアニンには強力な抗酸化作用があり、体内の活性酸素を抑制する効果があります。

この働きにより細胞の老化スピードを抑制し、アンチエイジングが期待できます。

アントシアニンの冷え性改善効果

冷え性の改善には血流をよくすることが大切。

アントシアニンには末梢血管を拡張して血流を促す効果があります。

しかも、摂取してから4時間ほどで全身に行き渡るので、即効性を感じる人が多いようです。

アントシアニンの抗炎症効果

抗酸化作用の強いアントシアニンは、炎症をおさえる効果もあります。

その効果は、解熱鎮痛剤などに使用されるアスピリンの約10倍と言われているほど強力です。

しかも、薬と違って胃に負担がかかりにくいのも嬉しいですね。

アントシアニンの肝機能改善効果

アントシアニンには、血液中のγ-GTP・GOT・GPT値を正常に戻し、肝機能を回復する働きがあります。

アントシアニンの抗酸化作用により肝臓にある有害物質の発生を抑えることによりもたらされます。

眼だけでなく、さまざまな健康効果のあるアントシアニンを効率的、手軽に摂取するにはサプリメントがとても便利です。

アントシアニン含有量の多いサプリおすすめランキング

RANKING

1位 めなり

アントシアニンをたっぷり、手軽に摂取できるサプリとして最もおすすめできるのが「めなり」です。

なぜ「めなり」をおすすめするのか?その理由は8個あります。

めなりをおすすめする8個の理由とは?
たくさんあるアントシアニンサプリの中で「めなり」をおすすめする理由とは?

 

「めなり」は通常価格が3,980円ですが、定期コースで購入することによって、初回特別価格が907円となります。1日あたりのコストはたったの30円!

15日間の返金保証もついているので、気軽に試してみることができますね。

2回目以降も2,980円で買うことができます。定期購入にありがちな、購入回数条件もないので、安心して定期コースに申し込むことができます。

 

2位 えんきん

ファンケルの「えんきん」は日本初の目の機能性表示食品。手元のピント調節力の改善に有効なアントシアニンを摂取できるサプリです。

えんきんは、アスタキサンチンの配合量が多いので高い抗酸化力を期待できます。

DHAが配合されているのも魅力。

えんきんは、通常価格は2,160円ですが、2週間分を1,000円でお試しできるコースがあります。

定期購入にすると1ヵ月分を1,944円で継続購入することができます。

 

3位 北の国から届いたブルーベリー

ビルベリーエキスを1粒に200㎎配合してアントシアニンを摂取できる「北の国から届いたブルーベリー」。

目の疲れ解消によいと言われるアントシアニンをブルーベリーの3倍以上含んでいるビルベリーを原料にしています。

北の国から届いたブルーベリーは通常価格は2,160円。1袋30粒入りで約1か月分です。

「らくらく定期便」という定期コースで購入することによって、5%OFFの2,052円+送料で購入することができます。

さらに3ヶ月ごと3袋まとめて送ってもらうコースにすると、1袋当たり1,950円と最もお得に購入できます。

注文合計が3,672円以上で送料無料になります。

 

4位 えがおブルーベリー

えがおブルーベリーは体内への吸収率も高い北欧産ビルベリーを使用したアントシアニンサプリです。ヒスチジン、リジンという2種類のアミノ酸とビタミンCを配合して、アントシアニンを安定化させているので、効果を実感する人が多いサプリです。

えがおのブルーベリーは通常価格1,728円ですが、定期購入にすることで、初回は980円で購入できます。

2回目以降も、コースによって割引価格で買うことができます。

 

5位 大正ブルーベリー

大正ブルーベリーは製薬会社である大正製薬が販売するアントシアニンを摂取できるサプリ。製薬会社品質なので、安心感が違いますね。

大正ブルーベリーは、1日分でビルベリーエキスを80㎎摂取できます。

大正ブルーベリーは定価3,200円ですが、初回30日分お試し価格は1,000円で購入することができます。

定期購入にすると、2回目以降も毎回10%OFFの2,880円で継続購入できます。

 

6位 みやびのビルベリープレミアムα

ビルベリープレミアムαはアントシアニンをふんだんに摂取できるように、ビルベリー、マキベリー、エルダーベリー、カシス、などのベリー類を配合し、その他ルテイン、ビタミン類も摂取できるサプリです。1日分でアントシアニンを含むビルベリーエキスを120㎎摂取することができます。

ルテインは8㎎を摂取でき、ビタミン類も含まれ、ルテインの働きを補助する亜鉛も配合されています。

定価は1,687円ですが、定期購入にすると1か月分を1,518円で購入することができます。

 

7位 ブルーベリー&ルテイン

アントシアニン配合サプリであるリフレの「ブルーベリー&ルテイン」は、同時にルテインも配合した眼の疲れ対策に有効なサプリです。酷使した目の疲れをとり、目の黄斑部の健康をサポートしてくれます。

「ブルーベリー&ルテイン」は、目の疲れを改善するビルベリー由来アントシアニンを1日分に40mg配合しています。

リフレの「ブルーベリー&ルテイン」は通常価格1,580円ですが、定期コースで申し込むと、初回は1,000円で購入することができます。

2回目以降も1,535円という続けやすい価格で継続することができます。

 

8位 ルックルックベリー

1日分2粒にブルーベリー376個分のアントシアニンを含むサプリがルックルックベリーはです。目の疲れ改善をサポートしてくれます。

ブルーベリーの王様といわれる「ビルベリー」と、奇跡のフルーツといわれ、海外セレブの間で人気の「アサイー」を配合しています。

ルックルックベリーは通常価格は2,028円+送料ですが、定期コースで申し込むことで、送料は無料になり、初回は1,000円で2ヵ月分を購入することができます。

2回目以降も2ヵ月に2袋届けてもらうコースだと、3,283円(2袋)で継続購入できます。

 

9位 DHC速攻ブルーベリー

DHCの速攻ブルーベリーは同社のDHCの「ブルーベリーエキス」より有効成分が溶け出すスピードが約3倍早く、配合成分も3種類プラスされているサプリです。アントシアニンを摂取できるビルベリーエキス末を180mg配合しています。

1日分でブルーベリー約540粒相当のアントシアニンを摂取できます。

価格は1日あたり約49円とDHCならではの続けやすい価格です。

 

10位 ディアナチュラスタイル ブルーベリー×ルテイン+マルチビタミン

ディアナチュラの「ブルーベリー×ルテイン&マルチビタミン 」はブルーベリーに、ルテインを配合し、さらに14種類のビタミンも配合したアントシアニンサプリです。

ディアナチュラの「ブルーベリー×ルテイン+マルチビタミン 」は1袋に20粒入っています。

1日1粒が目安なので中途半端ですが20日分となります。価格は680円となっています。

 

「アントシアニンサプリ」の中でも「めなり」をおすすめする理由とは?

数多く販売されているアントシアニンサプリの中でも「めなり」をおすすめする理由は大きく8個あります。

「めなり」をおすすめする理由は次の通りです。

  1. アントシアニンの摂取量がトップクラスに多い
  2. 圧倒的にカラダに吸収されやすいアントシアニンを使用
  3. 目の健康を促進するアントシアニン以外の成分も魅力的
  4. ブルーライトを吸収するルテイン配合量が12㎎も配合されている
  5. 93.9%という圧倒的なリピート率
  6. 成分表示が良心的
  7. GMP認定工場で製造されているので品質に不安がない
  8. 15日間返金保証付きで不安なく購入できる

アントシアニンの摂取量がトップクラスに多い

アントシアニンを摂取できるサプリメント選ぶときに注意しなけばならないのは、「実際の配合されているアントシアニン量」です。

多くのアントシアニン配合サプリは「ブルーベリーエキス〇㎎」「ビルベリーエキス〇㎎」配合という表記をしていますが、これらのエキスの配合量が多ければ、摂取できるアントシアニンの量も多いかというと必ずしもそうとは限らないのです。

配合しているエキスのうち、アントシアニンの割合がどれだけあるかによって、アントシアニンの量は異なります。

あるブルーベリーサプリはブルーベリーエキス100㎎配合と記載していますが、同時に(アントシアニン30%)とも記載しています。つまりアントシアニンの割合が30%なら、アントシアニン量は30㎎となります。

「めなり」はビルベリーエキスを170㎎配合していますが、そのうち37%の62.9㎎のアントシアニンを摂取できます。

ちなみに含まれているアントシアニン量で比較すると、次のようになります。

めなり 62.9㎎
北の国から届いたブルーベリー 60㎎
えがおブルーベリー 59.2㎎
ブルーベリー&ルテイン 40㎎
ビルベリープレミアム 37㎎
ルックルックベリー 37㎎
大正ブルーベリー 29.6㎎
えんきん 2.3㎎

 

圧倒的にカラダに吸収されやすいアントシアニンを使用

同じアントシアニンサプリでも吸収率に差があるということをご存知でしょうか?アントシアニンの効果を得るためには、配合量の多さだけでなく、吸収率もチェックしておきたいですね。

ビルベリー吸収量を比較すると次のようになります。

めなり 203%
えがおブルーベリー 200%
ブルーベリー&ルテイン 200%
えんきん 100%
ビルベリープレミアム 100%
大正ブルーベリー 100%
北の国から届いたブルーベリー 100%
ルックルックベリー 100%

 

めなりはアントシアニンの吸収率も圧倒的です。

めなりは、アメリカで特許を取得している吸収率が203%という驚異の吸収率を誇るビルベリーが原料。

本当にアントシアニンの効果を実感するためには、配合量はもちろん、吸収率が高くなければ意味がありません。

目の健康を促進するアントシアニン以外の成分も魅力的

「めなり」は目にいいと言われる「ゼアキサンチン」と「ルテイン」が1:5で配合されています。これはそれぞれの効果効能をもっとも高める割合と言われています。

クロセチン

クロセチンは眼精疲労を改善したり、疲れ目からくる肩こりや血流の改善に効果的。

亜鉛

アメリカ疫学調査で抗酸化ビタミンと、亜鉛を一緒にとったところ、加齢黄斑変性症の進行スピードが緩やかになったというレポートがあります。

亜鉛はビタミンAを運ぶ働きがあるのですが、ビタミンAは目が光を感じるために必要な「ロドプシン」という物質の再合成に必須の成分です。

亜鉛が不足すると、ビタミンAの運搬が滞り、網膜でロドプシンが不足してしまうため、見えづらさを感じたりするのです。

さらに、ルテインと亜鉛を一緒に摂ると眼病予防効果が高くなるという研究報告があります。

「めなり」の配合成分を確認

めなりに配合されている有効成分は次の通りです。

・アントシアニン
・ルテイン
・ゼアキサンチン
・クロセチン
・βカロテン

これらの働きは

アントシアニン・・・目の疲れを回復させる効果がある

ルテイン・・・抗酸化作用が強く、眼病予防の効果がある

ゼアキサンチン・・・抗酸化作用が高く、眼病予防に期待される

クロセチン・・・目の疲れを改善したり、疲れ目からくる肩こりや血流の改善

βカロテン(ビタミンA)・・・夜間の視力をサポート

ブルーライトを吸収するルテイン配合量が12㎎も配合されている

ルテインは、人間の体内では主に目の中の黄斑部や水晶体に存在しており、特に目の健康に有効と言われていて、ブルーライトなどの有害な光を吸収する作用があります。

めなりは1日量にルテインを12㎎配合していて、業界トップクラスの配合量です。

93.9%という圧倒的なリピート率

リピート率が高いというのは、それだけ効果を感じている人が多いということでしょう。一度「めなり」を飲んだ人が継続購入しているというのが、なによりの信頼につながるのではないでしょうか。

成分表示が良心的

サプリメントのパッケージにはもちろん原材料が明記されていますが、多くのサプリメントはその配合量(栄養成分)まで記載していません。

それは、主要成分と言いながら、配合量が少ないことがあるからです。

だから、原材料だけでなく、配合量まですべて明記している「めなり」は良心的だと思うのです。

GMP認定工場で製造されているので品質に不安がない

サプリメントは、自分の体に入れるものだから、配合成分がどんなに多くても、品質や安全性が確保されていなければお金の無駄になるだけでなく、健康を害するリスクもあります。

サプリメントがどのようにして作られているのか、衛生管理はされているのか、そのような製造プロセスは私たちにはわかりません。

では品質を判断する材料はないかというと、判断する基準がGMPです。

GMPとはGood Manufacturing Practice(適正 製造規範)の略で、原材料の受け入れから製造、出荷まで全てのプロセスにおいて、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれていることを第三者機関によって証明されていることです。

つまり、GMP認定工場で製造されているということは、高レベルで衛生管理がされている工場で製造されているということですから、「めなり」は安心して飲むことができます。

15日間返金保証付きで不安なく購入できる

サプリメントで返金保証がついているものは多くありません。飲んでしまって効果を感じなかったら返金してくれるというのは、それだけ品質に自信があるということではないでしょうか?

「めなり」は購入して15日以内であれば、飲み切っていても返金してくれるので、購入のリスクがありません。

15日間は短いかもしれませんが、めなりの愛用者の多くが数日で「何かしらの違い」を感じているようです。

サプリメントは薬ではありませんから、本当の意味で効果を実感できるまでには3~4ヶ月必要です。しかし「良さそうかどうか」ということは数日飲めば判断できるのではないでしょうか?

  1. アントシアニンの摂取量がトップクラスに多い
  2. 圧倒的にカラダに吸収されやすいアントシアニンを使用
  3. 目の健康を促進するアントシアニン以外の成分も魅力的
  4. ブルーライトを吸収するルテイン配合量が12㎎も配合されている
  5. 93.9%という圧倒的なリピート率
  6. 成分表示が良心的
  7. GMP認定工場で製造されているので品質に不安がない
  8. 15日間返金保証付きで不安なく購入できる

これが「めなり」をおすすめする理由です。

アントシアニンを手軽に摂取するには「めなり」が絶対おすすめ!売れているのには理由があります。めなりを最もお得に、そして安全に購入するには公式サイトから

【関連記事】
眼精疲労の症状
緑内障の原因
ドライアイの症状
加齢性黄斑変性症の治療
アレルギー性結膜炎の原因
流行性角結膜炎の症状
老眼とは調節力が低下してくる状態
ドライアイの増加
白内障の初期症状